先日作った、万能オイル「ニンニク・フレーバー・オリーブオイル」

 

 

詳しい作り方はこちらの記事を見てね。

 

 

これを使用して、簡単でおいしい「きんぴらごぼう」を作ってみました。

 

 

ニンニク・フレーバー・オリーブオイルを作ってから、約3週間経ちましたが、今はどんな状態になっているでしょうか?

 

 

こんな状態になってます。

img_2580

 

見た目はほとんど変わりませんが、少しドロドロになっています。

 

 

ちなみに冷蔵庫で保管してました。

 

 

フタを開けると、かなりニンニクの香りが香ってきます。

 

 

食欲をさそう香り♪

 

 

【フレーバーオイルを使った、きんぴらごぼうレシピ】

 

(材料: 2、3人分)

ごぼう:2、3本くらい

にんじん:2、3本くらい

(ごぼうとニンジンの量はお好みで)

ニンニク・フレーバー・オリーブオイル:適量

創味シャンタン:小さじ1程度

白ごま:適量

 

※お好みで塩、七味、醤油を加えても良い。(その場合、創味シャンタンは少な目に)

※創味シャンタンがない場合は、塩、七味、醤油だけでもOK

(調味料はお好みで調節してください)

img_2585

 

(作り方)

①ごぼうと人参は千切りにする。(細目に切ると炒め時間を短縮できる)

 

②フライパンにニンニク・フレーバー・オリーブオイルを入れる。(私の場合は大さじ2杯位)

この時オイルの中の、きざんだニンニクも一緒に入れる。弱火。

 

③ニンニクの香りが立ってきたら、ごぼうを入れて炒める。(ごぼうは火の通りが遅いので、弱火でじっくり炒める。)

img_2583

 

④ごぼうが噛める程度にシャキシャキしてきたら、にんじんを入れて炒める。

img_2588

 

⑤人参に火が通ってきたら、創味シャンタンを入れて味付けをする。(お好みで塩、醤油、七味を入れても良い)

創味シャンタンは、鍋肌で溶かすようにすれば、すぐに溶ける。

 

⑥白ゴマを入れて、味をなじませたら出来上がり。

img_2589

 

冷めても美味しいので、お弁当のおかずにも♪

 

 

子供も喜んで食べてくれます。

 

 

普通に作るきんぴらごぼうだと、私の場合はあまり美味しく感じなくて、食が進まないのですが、これなら、ニンニクの風味が効いていて、たくさん食べられます。

 

 

不足しがちな、にんじんやごぼうの栄養が手軽に摂れます。

 

 

 

ごぼうは食物繊維を豊富に含み、便秘の解消に効果が大きく、不溶性食物繊維の「リグニン」は腸内の発ガン性物質を吸着し、大腸ガンの予防効果があると言われています。

b5d8ef1c0f351f5ec6a408357f58d6dd_s

 

 

にんじんは、ビタミンAを豊富にふくんでいます。ビタミンAは、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあるため、肌荒れ防止効果も期待できます。

 

特に季節の変わり目など肌のカサつきが気になる時期には積極的に取りたい栄養素の一つ。

 

さらにビタミンAは目の角膜を元通りにすると言われていて、眼精疲労やドライアイにも効果的です。長時間パソコンを使う人におすすめです。

e0824c1c5b59b0b2658cfee152aaa505_l

 

 

お好みで、刻んだベーコンを入れても美味しいです。

 

 

ちなみに、わざわざニンニク・フレーバー・オリーブオイルを作らなくても、オリーブオイルをフライパンに入れ、刻んだニンニクを炒めて作れば、同じようにおいしくできました。

 

 

ホームへ戻る

料理のプロも認める最上級のオリーブオイル!『オリーブハート』