イヤな人に出会わない方法

sunayoku

 

自分の中の「愛」を見るにために、人間は生まれてくると言います。

 

どうすれば自分が、愛に満ちた存在であると実感できるでしょうか?

 

それには、「愛を発揮せざるを得ないようなシチュエーション」がやってきます。

 

まず、嫌な人が自分の前に現れます。

 

そしてその人があなたに嫌なことをしてくれます。

deefcb49e22be86ed5043ac7d8001efb_l

さぁ、ここからです。

 

そんな状況でも、その嫌な人のことを許せるかどうか?

 

許せなかったら、もう1人。

 

それでも許せなかったら、もう1人。

 

さらにもう1人…

 

許せる日が来るまで、いくらでも現れます。

 

次に絶望するような状況を創りだします。
そして、あなたに絶望を味わせます。

0a7bf7ae7c6be8f71d72b5c1e0be97ac_l

さぁ、ここからです。

 

そんな状況でも、愛をもって行動できるかどうか?

 

できなかったら、もう一度。

 

それでもできなかったら、さらにもう一度。

 

次から次へと絶望する状況を与えます。

 

愛もって行動できる日が来るまで、何度でも絶望を味わってみることができます。

 

怒り、悲しみ、絶望、被害者意識、罪悪感、苦しみ、痛み、

46b4aeb7ad59314ac4216d70f1f7e081_l

それらの体験は、どう働くでしょうか?

 

あまりのつらさに、そこから目を背けて現実逃避しますか?

 

それとも「教祖」にすがって、責任を丸投げして、救ってもらおうとしますか?

 

もし、そうなったらアウトです。

 

でも、アウトだからと言って、それで終わりと言う事はありません。

 

大丈夫です。

 

再挑戦です。

 

やり直しできます。

 

何回でも何回でも何回でも、挑戦し続けることができます。

 

いつまで挑戦すれば良いのでしょうか?

 

それは、その辛さを真正面から乗り越えるまでです。

 

そして他者を許して、受け入れることができた時、その人は、自分のその部分を許して、愛して、受け入れたということです。



ホームへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です