チークの重要さ

赤ちゃんや子供のほっぺには、血色感があります。

1d07e505f624c8619221cd6a792f9d3a_l

ほおに明るさがあると、顔色も明るく見えるし、健康的で生命力あふれるイメージで好印象ですよね。

 

でも、年齢とともに頬に血色感がなくなり、具合が悪いわけでもないのに、不健康な感じに見えてしまうことも。

 

以前私の友人が、

 

「時間がない時でもなるべくチークだけは忘れないようにしてる。チークなしだと顔色が悪く見えてしまうから。」

 

と言ってました。

 

私は、たまたまその友人がチークをしていない顔を見たことがあるのですが、

 

具合が悪そうに見えたのでついつい、

 

「体調良くないの?」

 

と聞いてしまった。>_<

 

そしたら「チークしてないからだよ」と。

 

その時に「やっぱり大人の肌にはチークが大切なんだなぁ」と実感しました。

 

 

魔法のチーク

ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさんによると、

 

肌全体にうっすら健康的な血色を感じさせるものは、チークしかありません。

チークを入れると柔らかさも、生命力も、若さや幸せに満ちたハリ感も出ます。

反対にチークを忘れると一気に老けます。

チークをやっておいて、ソンはありません。

bd801c99e86556df92a069d591f2ec0d_l

出典:必要なのはコスメではなくテクニック

 

美容のプロが力説する、チークの大切さ。

 

チークは他のコスメと比べると、どちらかと言えば「ワキ役」のイメージが強いのですが、実は主役にもなり得る、とても重要なアイテムなんですね。

8205b7faf803879674a90d88a2f864c8_l

 

プチプラじゃないチーク

そんなわけで、チークの重要さを、今さらながら認識したわたし。

 

実は今まで使っていたチークは、全部1,000円以下のプチプラのものばかり。

 

「チークは、おまけみたいなもんだし、そんなに投資しなくてもいいかな」

 

と、考えていたんですね。

 

もちろん、「チークあり・なし」では、絶対チークをした方が良いのはわかっていたんですが(前述の友達の件もあり)、ファンデーションやパウダーに、まずお金をかけて、チークは後回しになっていたんです。

 

しかし、私は45歳。さすがにちゃんとしたチークを買おうと決意しました。

 

ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさんによれば、

 

少し光沢のあるパールが入ったチークが使いやすい。

マットなものは、上手にぼやかすのにトレーニングが必要なので、最初は艶があるタイプを選ぶことが大切。

そうすると、自然に肌になじみます。

 

とのこと。

 

私はテクニックに自信がないので、それをカバーしてくれる、「パール入り」で「ツヤがある」タイプのチークを探すことにしました。

 

いろいろ調べて見つけたのが、

 

D.if story【ディフストーリー】リュビジューチーク(チークカラー)

 

 

どんなチークなの

img_8053

本物の天然パールパウダーだけでなく、天然のルビーパウダーも配合しているので、大人の肌に光沢感とツヤを与えてくれるチークなんです。

img_8055

叶恭子さんも愛用しているアイテム。こちらから恭子さんのチークテクニックをチェックできます♪

img_8091-png

出典ABUNAI SISTERS

 

毛穴や肌ムラを目立たせず、ふんわり立体感のある、叶恭子さんのような美肌を演出してくれます。

 

さらに、ノイバラ果実エキスやサクラ葉エキスなどの美容成分が、乾燥しがちな頬を優しくカバーしてくれます。

img_8057

可愛らしい表情を作るピンク、健康的な肌に仕上がるオレンジと、単色でも2色をミックスしてでも、コーディネートに合わせて使い分けが可能。

img_8056

無香料・ノンアルコール・石油系界面活性剤不使用・紫外線吸収剤不使用。

 

 

試してみた

リュビジューチーク(チークカラー)が届きました♪

img_8066

試すのが楽しみです(^O^)

 

フローラルピンク

フローラルピンクは、かわいらしく女性らしい印象になれる色。

img_8065

表面にキラキラのラメが見えます。

 

天然のルビーパウダーが光の反射で、肌を若々しく見せてくれ、くすみを目立たなく。

 

そして、天然のパールパウダーは、お肌の透明感とトーンをアップしてくれます💜

img_8084

年齢肌にはうれしい(^O^)

 

早速ためしてみます。

 

ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさんによれば、

 

チークをぬる際には、大きめのブラシを使った方が良いそう。

 

なので付属の小さいブラシではなく、大きめのブラシを使ってトライ。

 

チークを入れる場所は、チークブラシを目の真下、小鼻の横の位置に当てて、軽く2回、その場で円を描くだけ。

img_8081

チークは、触れば触るほどムラになってしまうので、タッチが少ないほど美しい仕上がりに。

 

大きめのブラシを使えば、たった2回のタッチで完成。

 

ちなみに、チークを左右上手に入れるコツは、注意深く「いつも、顔が正面を向いているか」を意識することだそうです。

 

私も鏡を見てチャレンジしてみたのですが、無意識に顔が少しナナメになっていたので、気をつけなきゃ。

 

ビフォア&アフターで比べてみます。

img_8075

img_8073

フローラルピンクをつけたほうが、若々しく可愛らしいイメージに♪

 

ちなみに、アフターの写真では、D.if story【ディフストーリー】リュビジューリップジェル・ピュアローズを付けてます。(レビューはこちらから読めます)

 

フローラルピンクは、パープル、ブルー、ブラウン系のメイクと相性が良いみたい。

 

 

フローラルオレンジ

特にオススメなのが、フローラルオレンジ。

img_8064

日本人の肌には黄味が入っているため、この色は誰にでも合う色。

 

また派手すぎる印象がないので、チークだけが浮いてしまい「おてもやん」になる心配もない。(^O^)

img_8085

とっても使える基本のカラー。

 

オレンジ系は、どんなファッションでも、どんなシーンでも、そして歳を重ねても、ずっと似合うスペシャルなお色なんですって。

 

ビフォア&アフターで比べてみます。

img_8075

 

 

img_8094

生命力ありそうな、自然な血色感が出てます。

 

派手すぎず、これなら普段使いにも。

 

コーラル系やオレンジ系のリップと合いそうです。

 

フローラルピンクとフローラルオレンジをミックスして使っても楽しい♪

 

今まで使っていたプチプラのチークとは違って、持ちが良い気がしました。

 

パッケージをもうちょっとゴージャス☆にしてくれると、使っていて気分も上がるんですが。

img_8054

発色やツヤは、とても気に入ったので、化粧直しの際には必需品になりそうなチークです。

 

D.if story【ディフストーリー】リュビジューチークをぬるだけで、若々しく健康的に見える💜

 

今回ご紹介した、チークはこちらからチェックできます。>叶恭子さん愛用の輝き!ジュエリーコスメ【ディフストーリー】





40代・50代・60代以降の「シミが気になる方」へ。 最新の美容成分を配合したGEMファンデーションのレビューはこちらです。




ホームへ戻る