完璧な美人はいない

ニューヨーク在住の世界的メイクアップアーティストの吉川康雄さんによると、

 

美人100%の人間は存在しません。架空の動物です。

 

みんな美人とブスが混ざり合った顔をしています。

 

吉川さんは今まで世界中のトップモデルや女優たちも含めて、かなりの女性にメイクをしてきた方ですが、

 

「ぐうの音も出ない完璧な美人」に出会ったことがないそうです。

44ba071438910a0d2c160a8a69556ae2_l

一般レベルより相当上の世界中のモデルたちを見てきた方がそう言うのだから、説得力がありますよね。

 

という事は、トップモデルだって一般庶民の私だって「ブスと美人が混ざり合った顔」ってこと?

 

吉川さんは、こうも言っています。

 

世界中の女性のうち、5%はどうしようもないブスだとしたら、残りの95%は美人とブスの混合体です。

 

95%の人は、やり方次第で美人になれるそうです‼︎

 

という事は、ほとんどの方はやり方次第で美人になれると言う事ですね!?

 

非常に希望が持ててきました(笑

7abd803a56dd20ffbfc45a8e5ea9213b_l

 

美人に見せるためのやり方

ほとんどの人がやり方次第で美人になれる。つまりは、努力次第で美人になれると言うことですよね⁉︎

 

「美人になるための努力」とは、もちろんメイクや自己プロデュース力も含まれると思います。

 

しかし、もっと具体的には何をすれば良いのでしょう?そしてそのためのマインドセットとは?

 

まず、美人になるために必要なマインドセットとして、吉川さんは

 

「どうしても諦めたくない」と言う気持ちだけが老化を止める

 

と言っています。

 

「えー!!そうなんだ⁉︎」

 

私はこの言葉を本で読んだとき、「やっぱりあきらめちゃいけないんだなぁ」と思いましたよ(^O^)

 

現在私は45歳。

 

特に40歳を過ぎてから、日々老化現象と戦っているところです。

 

「これからもっともっと老化が加速していくんだろうなぁ」と思いながらも

 

何とか現状維持だけでもしたいと思い、いろんなコスメを試してみたり、自分なりに情報を集めて努力しているつもりなのですが… 。

 

「この、もがいている姿勢もムダじゃないんだなぁ」

 

と、ちょっとうれしい気持ちに♪

 

誰でも歳をとるし、老化に逆らうことはできませんが、気持ちだけでも

 

「絶対にあきらめない」

 

「努力して年相応のベストな状態をキープしよう」

 

と思うことが大切なんですね。(^O^)

 

年齢に負けずに、日々努力をして美を追求している女性は、同性から見ても可愛らしいし、尊敬してしまいます。

 

そして、具体的な「美人に見せるテクニック」としては、「ツヤ」がキーポイントだそうです。

6a1923dcafe252c11baaf0c87a1ccb88_l

吉川さんが言うには、

 

何よりも重要なのは「つや」です。メイクをしていてもいなくても、肌になくてはならないものは艶。

 

特に男は、肌にツヤがあるとつい触りたくなります。

 

生物として健康である証だからでしょう。

 

オイルとクリームをたくさん塗って、「いいのかな?」と思う位、いつでもツヤツヤにしましょう。

 

やっぱり「ツヤ」は、人間が求める本能なんだなぁ。

 

最近はコスメの世界でも艶感を出すコスメが大流行中ですが、私もいくつかツヤを出すファンデーションやリップを購入して、試しています。

 

ツヤが出るファンデーションを顔に塗ると、顔が元気に見えるし、色気も出るし、その顔を鏡で見ることによって、テンションも上がって自信が持てる気が♪

 

逆にツヤが出ないタイプのファンデーションを塗ったら、顔がパサパサしていて、なんだかテンションが下がって、自信を失い気味に。

 

艶肌を演出してくれるファンデーションは、1度使うと必需品になりました。(ツヤファンデのレビューはこちらから読めます💜)

 

さらに、世界的メイクアップアーティストの吉川さんがおっしゃるには、

 

「なんて唇をして生まれてきたんだ!」と言わせる唇には、必ずツヤがあるそうです。

 

「やっぱり、くちびるにもツヤなのか〜」と私は思わずうなずき。

 

ツヤのある唇の引力ってすごいんですね。

img_7298

せっかく女性に生まれたんだから、男性に「なんて唇なんだ!」と感激されてみたいもんですわ。

 

(私が試した、ツヤ感を演出するリップのレビューはこちらです)

 

 

NGなこと

美人を演出する方法が「つや感を出す」ことだとしたら、逆に「つや感を消す」のは、NG。

 

吉川さんが言うには、

 

「パウダー」と「厚化粧」、この2つは女性を猛烈に老けさせて見せる。

 

とのこと。

 

パサパサな肌を演出してしまうと、生命力もない様に見えてしまう。

 

ハリ感や生命力をメイクで演出できないと、美人にはほど遠くなってしまいますよね。

 

ツヤ感を消してしまうアイテムは使わない方が良いのだわ~。

 

今回引用させていただいた「目からウロコ」の「美人になるための情報」がたくさん載っている本がこちらです。

 

【生まれつき美人に見せる・ 30メートル級の美女オーラが出る方法】

生まれつき美人に見せる [ 吉川康雄 ]

本屋で立ち読みしていて、男性目線の美のプロフェッショナルが書いた情報に釘付けになり、買わずはいられませんでした。

 

この本には、吉川さんが長い間ずっと考えてきた「あなたの顔が生まれつき美人だった」と思えるメイクの方法がぎっしり詰まっています。

 

テクニックだけでなく、マインドセット(考え方)も満載なので、普通のメイク本とは違うな~と思いました。

 

今後もこのサイトでは、吉川さんの「格言」をもとに、コスメ情報や美しくなるための情報を発信していきますのでよろしければご覧ください。(^O^)

 

出典:生まれつき美人に見せる