歳を重ねてもキレイでいたい

若い時は、ファンデーションに対して、そんなに機能性を求めなかった私。

若い時は素肌にもハリがあり、悩みが少なかったので、ファンデーションはあくまでも「おまけ」のような存在でした。

 

極端な話、ファンデーションを塗っても塗らなくても肌の状態が良かったから、そんなにファンデーションにはこだわらなくて済んだんです。

 

そんな私も、年齢とともに徐々に変化が。

 

肌のキメが荒くなってきて、シミも増えてきたため、ファンデーションに求めるものが増えてきました。

 

肌が変わったらファンデも変えよう

40代に入ってくると、肌の悩みが多くなりすぎて、もうファンデなしでは生きて行けない状態に(泣

歳とともに増える悩みに対応してくれるファンデはないの?

 

と思ってました。

 

そんな私がファンデーションに求めるものは…

 

◯ 歳とともに隠したいものが増えてくるので、カバー力あるファンデは必須。

 

◯ 歳とともに肌が衰えてくるので、あまり肌に負担がかからないファンデがイイ。

 

◯ 肌の状態を少しでも良くしてくれるファンデなら、なおイイ!

 

ぱっと思いつくだけでも、この3つの要望が浮かんできました。

 

ファンデは毎日使うものだから、納得できるものを使いたい。

 

でも私の要求を満たしてくれるファンデってあるのかな?

 

と思っていたら、ついに発見しました!

 

あきらめなくてよかった。(^O^)

 

年齢肌の私の、わがままな要求を叶えてくれるファンデーション。

 

それが「VIRCHE(ヴァーチェ・ミネラルリキッドファンデーション)」



期間限定価格・2,948円(税込・送料無料)30g  SPF23 PA++

 

ミネラルファンデーションで人気の「ETVOS(エトヴォス)」が作ったファンデだから安心感があります。

 

カラーは2色(ライト・ナチュラル)あり、私はナチュラルを選びました。

 

VIRCHEはエイジングケアに特化した商品開発をしているブランド。

 

エイジングケアの視点で考えた時、ファンデーションに必要な要素が何かを考え、追求してできたのが、このミネラルリキッドファンデーション。
肌へのやさしさはもちろんのこと、カバー力、つけ心地、仕上がりの美しさなど、さまざまな要素にこだわりました。

 

ファンデなのに高保湿成分配合

保湿成分「セラミド1,3,6Ⅱ」「3種のヒアルロン酸」を配合。

 

「セラミド1,3,6Ⅱ」を配合しているファンデをはじめて見ました! セラミドは最強の保湿成分なんです。

 

 

「セラミド1,3,6Ⅱ」はヒト型セラミドと呼ばれ、人間の肌に存在するセラミド成分。

 

バリア機能を担っている重要な成分で、敏感肌や加齢肌には不足しがちなものです。

 

セラミドは皮膚の最も外側の角質層に存在する成分なので、ただ肌に塗りさえすれば、充分効果が期待できると言われています。

 

ファンデをぬりながら、セラミド補給もできるなんて、スゴイ!!

 

特に、「セラミド3と6Ⅱ」は、加齢によって減ってしまうもの。

 

常に補ってあげたいですね。

 

また、ヴァーチェ・ミネラルリキッドファンデーションは、オリーブオイルの10倍の抗酸化力をもつ「マルラオイル」を配合。

マルラオイルは、ビタミンC、ビタミンE、リノレン酸、オレイン酸、オメガ6、オメガ9の含有量が豊富な万能オイルで、美肌が期待できそう。(マルラオイルためしてみました!レビューはこちらです。)

 

さらに肌のキメを整える「植物エキス(アロエベラ、クロレラ、クズ根)」など、ファンデーションの81.6%が美容液成分!

メイクしながら保湿&エイジングケアができる画期的なファンデーション。

 

まさに「塗らない方が肌に良くない」とも言えそうなファンデです。

 

ファンデというと、肌の呼吸をジャマするイメージがありますが、ヴァーチェ・ミネラルリキッドファンデーションなら、カバーしながら保湿もできるから一石二鳥。

乾燥や年齢肌が気になる、40代、50代、60代の女性には特におすすめのファンデです。

 

シリコン、紫外線吸収剤、石油由来界面活性剤、合成香料を不使用。

 

そのため、クレンジング剤を使わなくても、石鹸で簡単にメイクオフできます。
たしかにセッケンですぐ落ちました。よごれが浮き出ています。

VIRCHEが”クレンジング不要”にこだわっている理由は、「クレンジングのしすぎで、肌に必要な水分や油分まで落としてしまい、乾燥やシワの原因にならないように」とのこと。

 

たしかにクレンジングは、お肌にとって過酷な試練ですし、一番負担がかかるもの。

 

できるだけクレンジングしなくて済むなら助かります。(とくに40代以降には♪)

 

使ってみた

テクスチャーは重さがなく、とても軽い。

伸びはそんなに良くありません。

スポンジを使った方がきれいに仕上がりました。

手の甲に塗ってみました。

ヴァーチェ・ミネラルリキッドファンデーションをぬった右側の方が、シワが目立たなくなっています。

 

もうちょっとツヤが出ると嬉しいなと思いました。

 

しかし、ノビ&ツヤがあまりないのには理由があったんです。

 

伸びが良くない理由

 

ヴァーチェ・ミネラルリキッドファンデーションをつかってみて感じたことは、「のびがあまり良くない」。

 

だから、手よりもスポンジを使った方がやりやすいです。

 

のびがイマイチなのには、理由があったんです。

 

それは、ノンシリコンだから。

 

シリコンが配合されている、一般的なファンデは、 【伸びがよくなる】【肌に密着しやすくなる】【崩れにくくなる】などの特徴が。

 

逆に、シリコンが配合されていない(ノンシリコン)場合、【伸びが悪い】【肌に密着しづらい】【崩れやすい】などのデメリットが出てきます。

 

ノンシリコンのファンデーションの中でも特にリキッドタイプは開発は難しく、『使用感』のみを重視すると、シリコン配合のものにはどうしても負けてしまいます。

 

それでも、ヴァーチェがノンシリコンにこだわる理由は、本当に肌にとって良いものをつけて欲しい、肌に負担となるクレンジングを使わないで欲しい、と思っているからだそうです。

 

ファンデは毎日つかうものだから、「肌負担」を考えたら、ヴァーチェ・ミネラルリキッドファンデーションはベストな選択💛

ファンデを落とすために毎日クレンジングしていると、1年間で肌が受けるダメージは相当なもの。

 

年齢肌に不足しがちな皮脂までも、さらにうばってしまう可能性が。

 

クレンジングしなくて済む(せっけんだけでおちる)なら、肌にやさしい💛

本当にお肌のことを考えてくれているファンデーションなんですね♪

 

ビフォア&アフター

今度は顔につけてみます。

シミが気になる部分には重ね付けで、スポンジを使ってポンポンとスタンプのように重ねていきます。

ビフォア&アフターで比べてみます。

シミがほぼカバーされて、なめらかな肌になってる!

うれしい(^O^)

正直、自然派ファンデーションなので、ここまでのカバー力があるとは期待していませんでした。

 

この仕上がりで肌負担が少ないなら、とてもイイです。

 

ちなみに、マルラオイルを顔に塗ってから、ファンデを使うと、伸びが多少良くなり、少しツヤも出るようです。
 

老化予防に最適なファンデ

肌の老化予防で大切なのは、「肌に負担を与えない」こと。

 

できるだけ皮膚刺激の少ないコスメや洗浄剤を使用して、肌をいたわり、極力負担を与えないようにすることが、老化の予防につながります。

 

ヴァーチェ・ミネラルリキッドファンデーションは、ノンシリコンで肌負担が少ないだけでなく、クレンジング剤を使わなくて済むから、老化予防には最適のファンデーションです。

クレンジングによる肌負担を軽減し、さらに、エイジングケアにかかせない美容液成分はファンデーション全体の81.6%まで配合。

 

紫外線吸収剤、石油由来界面活性剤、合成香料などはすべて不使用。

 

基本のファンデは、これを使い、ここぞと言う時やお出かけの時は、さらにカバー力があり、ラメなどが配合されているものを、使い分けようと思っています。

 

10年先のお肌のことを考えて、肌にやさしいファンデーションを💛

 

使い切っても、30日間返金保証ありなので、試しやすい♪

 

ヴァーチェ・ミネラルリキッドファンデーションは、こちらからチェックできます。




出典:科学者が美肌コスメを選んだら…

 

 

 

ホームへ戻る