薄毛だとヘアスタイルが決まらない

 

40代になってから、髪のボリュームが減ってきた。

 

それだけでなく、髪1本、1本の太さが、若い時より細くなってきた気がするのは気のせい?

いやいや、気のせいじゃない気がする。

 

鏡で確認してみると、全体的な髪の量も減ってきた気がする。

 

ペシャンと、なってるんですよね。

 

私は若い時は美容師さんに「髪の量が多くていいですね」と言われていた。

でもその時は、自分の髪の量が多いのがコンプレックスだったし、扱いづらかったので

 

「髪の量が多くて大変なんですよね〜>_<」

 

と言ったら、その美容師さんは

 

「歳とともに髪の量が減ってくるから、もともとの髪の量が多いほうがいいですよ」

 

と教えてくれた。

 

「ふ〜ん。そんなものかな」

 

その時は半信半疑だったけど、今になってあの美容師さんの言葉が骨身にしみる!

 

髪の量が減ってくると、日々のスタイリングも決まらなくなってくるのが悲しい。

 

髪がぺったんこだと、すごく老けて見えます(泣

 

あと白髪も前より増えてきたような気がする…

 

特に、結婚披露宴に招待されたときとか、人前に出る時は困る!

 

そんな機会は滅多にないのだが、めったにない貴重な機会こそ、素敵な髪型にしたいよね〜(白髪も隠したいし)

 

そこで、わたしが色々ためしてみて、良かった薄毛や髪のうねり対策法をご紹介します。

対策① ウイッグ

 

私が時々頼っているのが「ウィッグ」です。

 

別名「かつら」とも言いますが、現代のズラは進化しているので、ポイントを押さえれば、バレません。

 

ウィッグなら、かぶるだけでつやつやの髪質になり、美容室に行ったみたいな素敵なヘアスタイルになれます。

 

ヘアスタイルの力は大きくて、ヘアスタイルが決まっているだけで、見た目度が30%位アップし(わたし調べ)、セレブ感が漂うほど。

 

その上、小顔効果もあり。

 

正直言って、子育てや仕事に忙しい40代は、20代の時のように自分のヘアスタイルに毎日毎日気を使って時間をかけるヒマなんかないのですよー!

 

だけどみすぼらしい髪型にはなりたくないので、私はウィッグを活用しています。

 

例えば、いとこの結婚披露宴に招待されたとき。

 

その時は「ハーフウィッグ」を着用しました。

 

ハーフウィッグとは、前髪は自分の自毛を出し、うしろ側だけがウィッグになっているタイプのものです。

 

前髪は自分の髪なので、とても自然♪

 

私は自毛とウィッグの境い目に、幅の太いカチューシャをつけてます。(カモフラージュ)

 

ポイントは、自分の髪の色と同じカラーのウィッグを選べば大丈夫♪

 

img_1395

私がいとこの結婚式で着用したウィッグはこちらです。

【ハーフウィッグ】【ミディアムウェイブ】【ストレースウィッグ】【tokaipoint18_22】耐熱 ハーフ ウィッグ★自毛前髪を生かしてフルより自然♪ ウェイブ ブラック エクステ 前髪ウィッグ ハーフ 】

 

お手頃価格の1,480円(送料別)なので、気軽にためせます♪

 

ウィッグを着用するだけで、ガラッとイメチェンもできるし、若見えするので、試してみてはいかがでしょう(^O^)

 

バレない自然なウィッグの着用方法は、こちらからどうぞ。

 

 

対策② 内側からのケア・サプリ

 

毛髪診断士の美香さんによると、

 

髪も肌と同じで毎日の丁寧なケアで、アベレージを上げていくことが欠かせません。

 

当然、そのためには内側からのケアも必要です。

 

バランスのとれた食事に加え、補いきれないミネラル分はサプリメントで補給しましょう。

 

とのこと。

 

やっぱり内側からのケアも大切なんだ!と思い、約1か月前からサプリを飲み始めました。

 

私が「良さそう!」と思って、毎日飲んでいるサプリメントはこれです。

 

黒ツヤソフト




最古の昔から使われてきた伝統的な漢方「アキョウ」を配合し、和漢成分+健康成分を31種類も含んだサプリメント。

アキョウは、、血液を増やし、血の巡りを良くすることで、基礎代謝の向上が期待できる漢方。

 

その結果、ツヤのある髪や、ハリ、潤い、透明感のある肌が作られていくのです。

アキョウはプラセンタやコラーゲンより優れているとも言われ、お肌のハリに欠かせないコンドロイチンも含んでいます。

 

豚や魚由来のコラーゲンに比べ、鉄7倍、カルシウム14倍、マグネシウム25倍、黒髪の生成に必要な亜鉛は、なんと55倍以上も多く含まれています。

 

髪にもお肌にも良さそうなサプリメントなので、期待して飲んでいます。(^O^)

 

詳しいレビューはこちらからどうぞ。

 

 

対策③ パドルブラシ

年齢を重ねると髪の「うねり」も気になりますよね。

 

ブローしているのに、時々髪がうねって、言うことを聞かないので困る時があります。

 

美容師のZACC代表・高橋和義さんによると、

 

年齢を重ねて突然髪にうねりが出てきた場合は、加齢による髪の乾燥、そして頭皮のつっぱりやたるみによる「毛穴のゆがみ」が原因であることがほとんど。

 

頭皮が凝り固まっており、たるんでくると、毛穴が歪ゆがみ、結構不良となり、うねった髪が生えてくるのです。

健康で素直な髪を育成するための土台となる頭皮ケアが、大人の髪には不可欠。

 

顔と1枚の皮でつながっている頭皮の状態は、髪だけでなく、顔の印象まで左右するので、注意が必要。

 

とのこと。

 

頭皮がたるんでくることにより、顔まで歪んでしまったら、恐ろしい!

 

私も早速頭皮ケアのため、パドルブラシを購入して、頭皮に刺激を与えています。

img_9016

このパドルブラシは、広い面と高いクッション性で頭皮を心地よく刺激してくれます。

 

頭皮を軽くトントンとたたいたり、生え際から頭頂部に向けて丁寧にブラッシングすることで、頭皮マッサージ効果が得られ、血行を促進。

詳しいレビューは、こちらからどうぞ。

 

その他、普段の食生活もバランスよく食べることが大切なようです。

 

髪に良い食べ物については、こちらの記事もどうぞ。

 

仕事や育児などで忙しい大人の女性は、ヘアケアにかける時間が短縮されがちですが、すきま時間を見つけてサプリを飲んだり、ブラシを使った頭皮マッサージを実行していきたいです。

 

 

出典:&ROSY 2016年秋号

 

ホームへ戻る