日本人にとって桜はなじみ深く、他の花とは一線を画しています。

本居宣長は桜が大好きで、自分のお墓を桜で飾ってほしいとの言葉を残したとか。

 

日本人はこの季節になると、花見をして、ワイワイ浮かれたい時もあるし、反面、静かに桜を見ていたい気分にもなる。

 

桜はただ単に「きれい・かわいい・美しい」だけでなく、どこか「かなしさ」も感じる植物。

 

あの有名な曲「さくら・さくら」も曲調がどこか悲しげ。

 

桜は美しいがゆえに、「散る」時の悲しさ、儚さも感じさせます。

桜が咲いている時間は、とても短いから、「今のうちに見ておかないと」と言う焦燥感をかきたてられるのでしょうか。

 

でも考えてみると「梅」だって、短い期間しか咲いていないのに。なぜ桜だけは別格なんだろう。

 

梅はどちらかと言うと「梅干し」のイメージが強くて、花って言うよりは「食べ物」のイメージの方がクローズアップされるせいかな。

 

桜のイメージは、まさに「清楚」。

 

西洋の花「バラ」は美しいけど、トゲがある。

 

桜は美しいけどトゲもなく、ただただ自然に咲いている。

 

毒々しさもなく可憐。その控えめさが日本人の精神性と合うのかも。

桜は他の植物とはやっぱり違う。

 

単なる花ではなく、文化を感じさせる。

 

日本人は、桜を擬人化しているところもある。

 

昔の人は、桜を見たときに「もののあわれ」を感じたそうです。

もののあわれとは、儚さ・悲しさを表すだけでなく、「心が動く・感動する」と言う意味もあるそうです。

 

長い長い冬を経て、やっと春にサクラが咲いた嬉しさ。

 

サクラサク=「努力が実をむすぶ。」という意味もある。

 

もし桜が夏の花で、夏の間中ずっと咲いていたら、こんな風にはならなかったかもしれない。

 

日本人と桜は深い関わりがあり、タンポポやチューリップとは違う。

 

本当に桜って奥深い。

 

 

ホームへ戻る