たるみにはペプチド

たるみは、肌の真皮層にあるコラーゲンとエラスチンの線維が弾力を失うことで引き起こされます。

そんなコラーゲン細胞に生産を促す信号を送ってくれる伝達物質が、アメリカで話題の最新エイジングケア成分「ペプチド」。

 

美容家で、英国ITEC認定・国際ビューティースペシャリストの山本未奈子さんによれば

 

今、アメリカでは、「ペプチドが入っていないエイジングケア美容液は売れない」とまで言われています。

 

ペプチドはコラーゲン細胞に「コラーゲンが破壊されているので、生産してー!」と言う信号を送り、生産を促してくれます。

 

とのこと。

 

出典:極上美肌論

 

この事実を知った私は、

 

「ただちにペプチド配合のコスメを買わなければ!」

 

と思いましたよ。

 

46歳ともなってくると、肌のたるみは無視できない事実。

 

特に顔の下半分のたるみが気になる私。

 

シワやシミよりも「たるみ」の方が、断然老けて見えると思うのは私だけ?

「たるみ」があるかないかで、天と地の差があると思うんです。

 

整形手術はしたくないので、ペプチド入りのコスメで、はやく「コラーゲン細胞に生産を促す命令」を出さなきゃ~!

 

3種のペプチド配合のクリーム

たるみが非常に気になり、鏡を見るたびにため息をついてしまいがちな私が、目をつけたのが「ペプチド配合のコスメ」。

 

たるみが発生すると言う事は、私の肌内部で、「コラーゲンとエラスチンの線維がどんどん弾力を失っている」ということ。

 

恐怖だわ〜〜(>人<;)

 

前述したように、たるみにはペプチド

 

コラーゲン細胞に生産を促す信号を送ってくれる伝達物質「ペプチド」配合のコスメをさっそく探してみました!

 

それが ペネロピムーン「エバーピンク」タイムレスクリーム・35g

このクリーム、なんと選び抜いた3種類のペプチドが配合されているんです!

 

数百種類を超えるペプチドの中から、厳選した3つの機能性ペプチドが、複合的に働きかけることで肌の水分・油分バランスを整えます。

3種類のペプチドをご紹介。

 

オリゴペプチド-6:  肌を引き締め、キメを整えます。

 

ヘキサペプチド-3:  肌にハリと弾力を与えます。

 

パルミトイルペンタペプチド-4:  うるおいを与え、肌を健やかに保ちます。

 

3種のペプチドが多面的にアプローチしてくれる、まさに「トリプルペプチドファンクション」。

 

これは心強いクリームだ!

アメリカでも話題の最新エイジングケア成分・ペプチドを配合したクリームが、日本でも手に入るなんて、うれしい!

 

「ペプチド配合のコスメなら、アメリカ製でもいいかな?」と、最初は思っていたんですが、やっぱり日本人には日本人向けの、日本の会社が作ったコスメが安心。

 

(外国製のコスメって、香りも強いものが多いから、結局続かなかったりするんですよね。)

 

だから、これに決めました。

 

ぜいたくなエイジングケア

タイムレスクリームは、厳選された3種のペプチドだけでなく、天然由来成分も配合。

セイヨウシロヤナギ樹皮エキス:  肌に潤いを与え、乾燥や肌荒れを防ぎます。

 

ローマカミツレ花エキス:  肌にハリを与え、健やかに保ちます。

 

サッカロミセス溶解質エキス:  酵母から得られる成分で、肌のうるおいを保ちます。

 

加水分解酵母:  保湿にすぐれ、肌に透明感を与えます。

 

ビワ葉エキス: 天然のビタミンB1やクエン酸、アミダグリンなどを含み、肌を健やかに保ちます。

 

月桃葉エキス: 赤ワインの約34倍のポリフェノールを含むと言われ、肌にハリとツヤを与えます。

 

その他にも、甘草エキスやヨモギ葉エキスなど、合わせて25種類の和漢植物エキスと美容成分を配合しています。

 

うるおいながらキメを整え、ハリのある健康的な肌へと導きます。

すーっとなめらかに伸びながら、しっかり潤いをキープする、軽やかな使い心地。

 

エイジングケアクリームといっても、あまりにも重過ぎるテクスチャーは苦手なので、軽やかな使い心地とウワサのタイムレスクリームを購入してみることにしました。

 

本当に、軽い付け心地なのか? そして実際に使ってみた感想は? 次でご紹介。

 

試してみた

タイムレスクリームが届きました。

まずパッケージがかわいい。それがとっても気にいった~!

 

エイジング用クリームって、パッケージも重厚で、おばさんくさい?のも多いですからね。これは可愛げがあってイイ(^O^)

 

女性は、いくつになってもかわいいのが好き💜

 

こんな感じの箱&容器です。

直接手に取って使うタイプなので、小さいスプーンやスパチュラが付いているほうがよかったかも。

コンパクトですが、結構重みがあります。

 

この容量なら、結構たっぷり使えるんじゃないでしょうか。(使う量には個人差があります。)

 

早速クリームを手に取ってみると、クリームと乳液と美容液を混ぜたような、軽めのテクスチャー。

 

手の甲に付けてみます。

つけると、少しひんやり感あり。

 

非常にのびが良く、水分をたっぷり含んでいる感じ。

 

手の甲全体に伸ばしていくと、うす〜い膜ができるような感じがします。

下の写真が、手の甲に伸ばした直後の状態。

テカリやべたつきがないのが、お分かりいただけると思います。

 

表面はベタつかないけれど、内側はうるおっている感じ🎶

 

目の下がふっくらしていると、若見えになるから、うれしい💛

 

さわった感じは、ふっくら&しっとり。

 

ものすごくしっとりしているわけではないけれど、ほどほどなしっとり感。

 

タイムレスクリーム・開発者の森さんによると、上質な使用感にこだわって開発をされたそうです。

 

確かに、クリームなのに使用感が軽めで、伸びもよく、非常に使いやすいクリームだと思いましたヨ。

のびが良いから、首やデコルテにも使っています。

 

私は肌に油分を与えることがとても大切だと思っているので、まずは使い続けようと思います。

 

クリームの役割

クリームには、顔を洗った後の肌に適度な油分を与える役割があります。

 

油分は洗顔などで失われた皮脂膜の代わりとなって、水分の蒸発を防いでくれます。

皮膚上の水分が蒸発する際、皮膚の中の潤いも一緒に逃げてしまう現象(TEWL現象)がありますが、これは肌の乾燥を引き起こす原因の1つになります。

 

クリームを使うことで、この現象の防止にもなります。

 

また、クリームは余計な皮脂の分泌を抑える効果もあります。

 

よく、オイリー肌やニキビ肌に悩まされ、1日に何度も洗顔をする人がいますが、これは逆効果。

肌は皮脂が足りないと感じ、さらに分泌を促してしまいます。

乳液やクリームなどで適度な油分を与えることが、皮脂分泌を抑える近道です。

 

ただし、保湿性が高い美容液を使っている場合は、乳液やクリームが必要ない場合も。

 

ご自分の肌の状態を確認して、クリームや乳液が必要かどうか、見極めも大切です。

 

私の場合は、美容液も使っていますが、ホルモンバランスの影響か、時々肌の乾燥を感じる時もあるので、やはりクリームは必要だと思いました。

 

乾燥している時期やイベントが近づいている時、「最近肌がカサつき気味だな。」と思ったときには、タイムレスクリームをスペシャルケアとして使っています。

 

ときには「ペネロピ ムーン オールインワンセラム(オールインワン美白美容液)」とライン使いもしています。(レビューはこちら)

 

今後年齢を重ねていくにつれ、タイムレスクリームを毎日使うようになるかもしれません。

 

先進のエイジングケアを惜しみなく配合したトータルケアクリーム、タイムレスクリームが初回限定で980円で試せるなんて、どう考えてもすごい!

アンチエイジングケアは、20代から肌の状態に応じて、じょじょに取り入れるのが正解と言う話もあります。

 

シワやたるみが気になり始めたら…では、残念ながら手遅れの場合も。(私のこと?)

 

どちらにしても、エイジングケアは早ければ早いほどイイ。

46歳の私でも、あきらめずに今からでも、こつこつとケアしていこうと思います。

 

タイムレスクリームは、もう追加生産をしていないため、在庫がなくなり次第終了のアイテムです。

 

最後のチャンス。

 

時を重ねた肌に、ご褒美ケア💛

 

ハリとうるおいのトータルエイジングケア。

 

気になった方は、こちらからチェックしてみてくださいね。>【在庫限り】ペネロピムーン エバーピンク タイムレスクリーム 35g Penelopi Moon 通販 (d) (pm)

 

出典: 極上美肌論

 

※個人の感想で効果を保証するものではありません。

 

 

ホームへ戻る