オールインワンジェルのメリット・デメリット

【メリット】

 

◯ さらっと快適に使える

特に春夏は、こってり重いテクスチャーのコスメだと、つい量を減らしてしまったり、省いてしまうことも。

 

すると肌の乾燥や、量不足による手肌との摩擦が心配に。

 

その点、ジェルなら軽いテクスチャーのものが多いので、夏でも使いやすく、さらっと快適に仕上がります。

 

◯ 時短になる

洗顔後は、オールインワンジェルだけでケアが済んでしまうので、かなりの時短になります。

 

仕事で帰宅が遅くなってしまった時や、赤ちゃんの世話が忙しく、ケアする時間のないママさんなどにも最適。

 

◯ どんな肌質の方にも合う

トータルビューティーアドバイザーの水井真理子さんによると、

 

うるおいたっぷり&べたつきのないジェルは、どんな肌質にもマッチ。

 

使い勝手が良いのも魅力です。

 

【デメリット】

 

◯ ケアが手抜きになりがち

化粧水や乳液などの役割も兼ねてくれるオールインワンは、洗顔後のプロセスを大幅にカットしてくれるけれど、逆に言えば、スキンケアが手抜きになりがちな面も。

 

自分の肌状態や、季節によって、使いこなし術も変えた方が良い場合もあります。

 

乾燥している部分ほど、ジェルがあっという間に入っていきます。

 

その部分は、表面にしっとり感が残るまで重ね塗りすると◎

 

また、乾燥する季節には、オールインワンジェルを塗った後にクリームやオイルを重ねても。

 

〇 カスがポロポロと

あくまでも、ものによると思いますが、時々オールインワンジェルを塗った後に消しゴムのカスのようなものが、出てくる時があります。

 

ジェルは時間をおくと肌に膜状にフィックスするので、強い力でこするとポロポロすることもあるそうです。

 

そんな時はコットンを2つにちぎり、断面部分で肌をなで、カスをはらえばOK。

 

UVアイテムなどは、乾かないうちに重ねると防げるそうです。

 

試してみてください。(^O^)

 

京コスメに憧れる

以前から「京都発のコスメ」に憧れがあって、京都に旅行した時には、ある有名なコスメショップの本店に行って、いろいろなアイテムを買いまくりました。

お土産として友達や親戚に配ったほどです。

 

京コスメに憧れがある私は、「今までに使ったことのない京都発のコスメを使ってみたいな。」と思っていました。

 

そこで見つけたのがこちらです。

 

和えか(WAEKA) ・しっとりオールインワン美容クリーム (保湿ジェルクリーム)  初回限定 3,024円 (税込・送料無料) 日本製 60g


今まで京都発のオールインワンジェルは使ったことがなかったし、これは左京区にある会社が販売し、京都の農家さんが無農薬で育てている原料を使っているので、れっきとした京コスメ♪

 

箱はかわいい風呂敷の形。

パッケージは、可愛いけど控えめでシンプル。

日本女性のためのオールインワンジェル

和えかのテクスチャーは、女性ならだれでも、こよなく愛する、みずみずしさ。

ひんやりして、ぷるぷる。

ほどほどな粘り気もあります。

 

肌に塗るとスムーズな浸透感、みずみずしい感触、気持ちをほぐしてくれるような、ゆずの香り、すべてに癒されます。

ストレスフルな生活を送っている私でも、和えかでケアしている時は、心が解放されて優しい気持ちになれる💜

 

こんな幸せな気持ちになれるケアなら、美肌につながっていく気がします。

 

付属のスプーンがあるとよかったのになぁ。と思いました♪

 

成分

ナールスゲン®は、年齢肌の力強い味方!

 

京都大学・大阪市立大学が共同開発した成分、ナールスゲン®を配合。

 

「ナールスゲン®」は、線維芽細胞にはたらきかけ、コラーゲンを約2~3倍に増加させることが実験的・科学的に証明されています。

 

また、13種類の和漢植物エキスが、疲れて硬くなった肌を和らげ、弾力性のある若々しいハリ肌へ。

お肌が整ったことで、新しい美容成分・ナールスゲン®が届きやすくなり、コラーゲンやエラスチンの産生をサポート。

 

最後に京都美山産・ゴールデンシルクに含まれる、セリシンと言うタンパク質が、肌のバリア機能を整えて、透明感のあるハリツヤ美肌へ導きます。

みずみずしいジェルが肌の上で瞬時にほぐれて、じわじわと肌をうるうるにしてくれる。

 

下の写真が付けた直後の状態。

夜つけて、翌朝もしっとり感がしっかりと続いていました。

 

和えかオールインワンジェルの良いところは、大豆油やゆず果皮油も配合しているので、水分だけでなく油分も同時に補給してくれる点。

 

使うと、肌をラッピングしてくれる感じです。

 

詳しい成分については、こちらから>次世代美容成分「ナールスゲン」配合保湿クリーム【和えか】

 

和えかは、1年中使える

夏場は、さっぱりとしたテクスチャーの和えかは非常に助かります。

 

私は冷蔵庫に入れて、ひんやり感を楽しみながら使っています。

 

特に乾燥が気になる冬場には、和えかを顔全体にぬった後、目元・口元にアルガンオイルを重ね塗り。

 

だいたいどんなスキンケアアイテムとも相性が良く、オイルだけでなくクリームを重ねる時もあります。

和えかのお気に入りポイント2つ

◯ なんといってもゆずの香りが最高!

今までに使った、お気に入りのオールインワンジェルはいくつかありますが、ゆずの香りのものは初めてです。

 

ほんのりと控えめなゆずの香りが、大好きなので、かなり癒されます。

 

◯ カスが出ない

オールインワンジェルは、塗布後、時々「カス」が出てくるものもあります。

 

和えかを塗ってから3分後ぐらいに、パウダーファンデーションを重ねてみました。

 

その後、肌を強めに擦ってみましたが、カスが出てこなかった!

次に、和えかを塗ってから3分後ぐらいに、リキッドファンデーションを重ねてみました。

 

この場合も強くこすっても、カスが出てこなかったのでよかったです。(^O^)

和えかを塗ってから、乾かないうちにメイクを重ねたのが良かったのかもしれません。

 

カスが出てくるオールインワンジェルも多い中、これは本当に助かりました。

 

テカリたくないけど、潤いが欲しい。そんな方にもピッタリな「和えか」。


いやされる柚子の香りと、プルンとしたみずみずしいテクスチャーを味わってみてください。(^O^)

 

定期コースなら、初回半額の1,890円(税込)で風呂敷包みもプレゼント♪

 

和えかは、こちらからチェックできます。>もっちりしっとり肌をあきらめないで!オールインワンクリーム「和えか」

 

 

出典:MAQUIA 2017年6月号

 

※個人の感想で効果を保証するものではありません。

ホームへ戻る