人だかりが

またまた、先日行ってきた「楽天アフィリエイト・ファッションフェア」のレポートをします🎵

 

いろんなお店が出店していましたが、その中で人だかりを発見。

 

「なんだ?なんだ?」と思い、 行ってみると、時計ベルト専門店 MANO-A-MANO【時計ベルト専門店】(マーノ・ア・マーノ」)いうお店でした。

 

いろんな種類の時計ベルトがずらりと並んでいて、 惹きつけられました。

お店の人の話を聞いてみたかったのですが、人が多すぎて前に行けなかった(泣

 

もうちょっと時間が経ってから、また行ってみよう。

 

数10分後、空いてる時を見計らって、また「マーノ・ア・マーノ(mano a mano)」に行ってみました。

 

実は、私が愛用している時計はダニエルウェリントン( レビューはこちら) なのですが、「マーノ・ア・マーノ(mano a mano)」には、ダニエルウェリントン用の替えベルトがたくさん並んでいました!

うれしい🎵😍🎵 ワクワク🎵

 

その中でも一際目を引いたのが、 ステンレススチールのもの。2700円(税込・送料別)

【ポイント5倍/クーポン配布中】時計ベルト 時計バンド ダニエルウェリントン Daniel Wellington DW クラシック 36mm用 40mm用 カシス 腕時計ベルト メッシュ ミラネーゼ ブレス カシス 腕時計ベルト ANGERS(アンジェ) ステンレススチール 時計ベルト U1027304 CASSIS

 

この替えベルトをつけると、ダニエルウェリントンの時計が全く別物のように変身していたので、びっくりしました。

 

シルバー・ローズゴールド・ゴールドの3種類あります。

私が持っているダニエルウェリントンのフェイスはローズゴールドだったので、替えベルトも同じくローズゴールドを選びました。( 提供していただきました。ありがとうございます😄)

 

とっても素敵な替えベルトが見つかったので嬉しかったのですが、1つ不安なことが....。😨

 

ベルトの付け替えができるか不安

ステンレススチールの替えベルトに一目惚れしたのはいいけれど、不安なことが。

 

それは「自分でベルトを替えられるのか?」ってこと。

 

ベルトを替えるのって結構難しそうなイメージだし、自分で出来ない場合、わざわざ時計屋さんに持って行くのも面倒だしなぁ。

 

マーノ・ア・マーノのスタッフさんが優しそうな方だったので、私の不安をぶつけてみました。

 

「 私でもベルト替えるの出来るでしょうか?」

 

スタッフのお姉さんは、優しく丁寧に付け替え方を教えてくれました。

 

とっても感じが良いお店です😄

 

頂いたパンフレットにもベルトの付け替え方が写真付きで載っていたので、初めての方でも安心です。

 

さらにホームページでは動画でやり方を見ることもできます。

 

いたれりつくせりの気配りがあるお店だなぁ😃

 

こういうお店が好きです💛

 

ネットショッピングは顔が見えないお店とのお取引なので、信頼できるお店を選びたいですよね。

 

付け替えのための器具(バネ棒外し)もいただきました。

「マーノ・ア・マーノ(mano a mano)」で替えベルトを購入すると、バネ棒外しを無料で付けてくれるので安心!

 

ちなみにダニエルウェリントンを購入した方なら、箱の中に付け替え用の器具が入っているので、それを使ってもOKです。

 

家に帰って自分でやってみよう~😃

 

ベルト付け替えてみた

フェスティバルで一目惚れした時計ベルト。

ちょっと不安だけど、自分で付け替えてみます。

 

まずは今まで使っていた、クラシックタイプの革ベルトを外します。

器具を使って、穴を押すだけですぐに外れました。

 

あまりにもあっけなく外れたからびっくり。

 

次に新しいベルトを付け替えてみます!

マーノ・ア・マーノの ベルトは、ラップみたいな透明なフィルムでラッピングされています。(下の写真)

まず、このラッピングを外します。(ちょっと取りづらかった )

 

説明書を見ながら、 なんとか自分で付け替えることができました。

お店のスタッフさんに教えてもらったことを思い出しながらやったので、初めてでもできましたが、ちょっと時間はかかりました。

 

初めてなので何が何やらわからず、5分ぐらいかかってしまった。

 

慣れれば、1分もかからずに出来るようになると思います。

 

私は不器用なタイプなのですが、こんな私でもできたので、器用な人ならもっと素早く出来るはず。

 

ベルト付け替えてどうなった?

ベルトを付け替えるだけで、こんなにイメチェンできるとは思いませんでした💦

 

ローズゴールドの輝きが上品なので、キンキラキンの成金風にはなりません。

ステンレス製の替えベルトですが、硬さがまったくないんですよ(^^♪

肌にしなやかになじむ感じです。

私は装飾品をあまり身につけないので、 このローズゴールドの輝きはアクセサリー代わりにもなります。

 

さりげなく印象的で、合わせるアクセサリーによって、上品にもカジュアルにもなれる時計だと思います。

 

服やシーンを選ばず、映える。

T シャツも旬のワンピースも、これさえあれば手抜きに見えず、甘すぎず、どんな装いにも品の良さとシックな印象を宿してくれそうです♥

さすが、ダニエルウェリントンの時計は、どんな替えベルトも受け止めてくれる寛容さとセンスがあります。

 

気になった方はこちらからチェックしてみてくださいね。>【ポイント5倍/クーポン配布中】時計ベルト 時計バンド ダニエルウェリントン Daniel Wellington DW クラシック 36mm用 40mm用 カシス 腕時計ベルト メッシュ ミラネーゼ ブレス カシス 腕時計ベルト ANGERS(アンジェ) ステンレススチール 時計ベルト U1027304 CASSIS

 

ちなみにダニエルウェリントン用の替えベルトで一番人気なのは「ライトグレー」だそうです。

ベルトを替えるだけで、まるで新しい 時計を購入したような、ウキウキした気分が味わえますよ♥

 

「どんなファッションに合わせようかな?」と考えるのも楽しい時間。

 

親切丁寧な信頼できるお店、「マーノ・ア・マーノ」 にはあらゆる種類の替えベルトが揃っているので、一度のぞいてみてくださいね。

イタリア「モレラート」時計ベルトの専門店!時計や時計周辺商品も販売。

 

 

 

「たんすのこやし」になっていたバッグを売りました!査定金額におどろきの違いが….。くわしくはこちら

 

 

ホームへ戻る