親が子供を縁遠くしているのかも?

これは特に「娘を持つ親御さんに当てはまる話」なんですが、

 

〇 挨拶がきちんとできない

〇 無愛想すぎる

〇 気がきかない

 

このような女性は、どうしても縁遠くなってしまう確率が高いと思われます。

 

20代でピチピチ(死語)の女性なら、気が利かなくてもオッケーですが、30代後半や40代になっても、気がきかず、無愛想だと、たとえお見合いをしたとしても成功する確率が低くなるのが現状です。

 

なぜなら男性は女性に「気が利く」「可愛げ」「明るさ」などを求めているものだからです。

 

特に30を過ぎたら、外見では20代に負けてしまうのですから、内面で勝負しないと!

 

具体的には「女性らしさ」で勝負です。

 

婚活市場において、女性らしい気配りや明るさがないと言うのは致命的とも言えるかもしれません。

 

上記のような気が利くとか、挨拶がきちんとできるというのは、子供の頃からの家庭教育で学んでいくものなので、こういうことができない女性は、大体そのご両親も同じタイプです。(子供は親のマネをしているんでしょう)

 

私の母はボランティアで仲人を30年以上 していますが、お見合い相手を紹介しようと思って、ある家庭に電話をしたら、お父様が電話に出て、開口一番「はい」しか言わなかったそうです。

 

「〇〇ですが、奥さんいらっしゃいますか?」と母が言っても、ただ「はい」だけ言って電話をかわったそうです。

 

「こんばんは」とか「お世話になっています」の一言もなかったとのこと。

 

無料でお見合い相手を紹介してもらっているなら、「お世話になっています」くらいの一言も言えないんだろうか?と母はぼやいていました。

 

何度電話してもそのお父様の対応は同じで、いつも無愛想だそうです。(無礼とも言える)

 

案の定、父親がそんな感じなので、その家の娘さんは40歳近くなっても、同じように無愛想で挨拶がきちんとできないそうです。

 

けっこうイイ大学を出て、大手企業で働いているらしい。

 

だからお見合いでもうまくいかないことが多く、何度かお見合いをしていますが、結婚までこぎつけられません。

 

そんなわけで、感じが悪い方には、私の母も人間ですから、「1番良いお相手は、感じが良いご家庭に優先的に回してしまう」そうです。

 

こういう現実をわかったほうがいいですよ!

 

ご両親としては一刻も早く娘に結婚してほしいと思っているようですが、まずはご自分の足元をよく見た方が良いのかもしれません。

 

まずは基本的なこと(挨拶をする、感謝の気持ちをきちんと述べる、相手に思いやりを持つ)などの大人としての気配りを身につけることが先だと思います。

 

そうしないといつまでたっても、あなの娘さんは縁遠いままかもしれませんよ。(^O^)

 

上から目線のアドバイスですみませんが、 誰もこういうことは教えてくれないし、言ってくれないので、客観的意見として聞いてくだされば幸いです。

 

 

ホームへ戻る



 

看護師さんが最速で結婚する方法は、こちら

 

結婚式の2次会を絶対に成功させる方法は、こちら