瞑想は大げさなものじゃない

これまで一度も瞑想をしたことがなくても、全く心配は要りません。

 

「瞑想」「meditation(メディテーション)」 と言っても、 スピリチュアルカウンセラーや、その道のプロがやるような大げさなものではありません。

 

瞑想をするのに我慢や忍耐も必要ありません。

 

あなたの心の声に耳を傾けたり、不要な意識を手放すだけでいいのです。

 

私は時々、将来への不安やお金に対する不安が襲ってくる時があります。

 

そんなときには気分転換に外に出て歩いたり、運動したりするのも良いアイデアだと思いますが、 それすらも面倒な時、私は瞑想をします。

 

簡単すぎる瞑想のやり方

まず、少しの間一人でいられる静かな場所を見つけてください。

 

寝室やバスルーム、庭、公園の一角、車の中でも構いません。

私はバスルームですることが多いです 。

 

場所を決めたら、ラクな姿勢で座って下さい。

 

礼儀正しく座ろうとして、不自然な姿勢を取らないようにしましょう。

 

私はあぐらをかいて手を膝の上に乗せ、手のひらは上を向けています。

 

自分にとって一番自然で楽な姿勢を選べば何の問題もありません。

 

そして目を閉じます。

 

鼻から息を吸い、口から息を吐き、深い腹式呼吸をします。

 

鼻から吸って鼻から吐き出す方法もあるみたいですが 、私の場合、特にこだわらず腹式呼吸をしています。

 

目を閉じて瞑想をしていてもなかなか集中できず、あれやこれや、 いろんなことを考えてしまう時も。

 

これは、エゴが居場所がなくなってしまうのを恐れて、邪魔をしているから。

 

心に平安が生まれると、エゴには居場所がなくなってしまうから、 瞑想させまいと邪魔をしてくるわけです。

 

大切なのは、エゴが投げかけてくる「負のエネルギー」に怒りを感じず、エゴと戦おうとしないこと。

 

私は時々瞑想をしていても、なかなか集中できずにイライラしそうになることが。

 

そんな時でも「あー、 エゴが邪魔しているのか。 別に急いでないからほっておこう。」と 思うと、そのうちイライラや焦りが消えていきます。

 

あせったとしても別に気にせず、瞑想を続けてみてください。

 

イヤになったら、途中でやめてもイイのです。

 

息を吐く時は、自分の体の中にある不必要な意識や怒りの意識、イライラの意識、恐れの意識などが全部出ていくイメージをします。

 

そして自分に語りかけます。

 

お金や将来に対する恐れ、心配、懸念は、全て光によって解き放たれます。

 

私は、いついかなる時でも安全に守られています。

 

私が必要とするものは、いついかなる時でも何でも与えられます。

 

自分がすっきりするまで、何度か繰り返します。

 

お風呂に入って瞑想する場合、 ひとつかみの自然塩を入れながら瞑想するのも good。

 

自然塩は、場や気を浄化してくれるといわれます。

 

私は瞑想が得意なわけではないので、せいぜい 長くても 5分ぐらいしかできていないと思います。

 

短い時は1分か2分ぐらいの時も。

 

これが瞑想と呼べるのかどうか 、わかりませんが、やった後はすっきりして不安が消えていくので、 心配性の私にはぴったりの方法でした。

 

簡単すぎるほど、シンプルだし。

 

お金もかからないし心も落ち着くし、 一石二鳥です。

 

現代社会はテレビを見ているだけで、不安を煽り立てるようなニュースばかりですから、プチ瞑想をして明るい未来を描きたいものですね☺🎵

 

参考文献:チャクラクリアリング・天使のやすらぎ(ドリーンバーチュー・ クレイヴ出版事業部)

 

 

ホームへ戻る

 

なぜ生きづらいの?他人をゆるして自分を愛する方法は、こちら