とんでもない習慣

まだ3月だというのに、 2月には出てこなかった虫をキッチンでちらほらと見かけるようになってきた。

 

暖かくなるのは嬉しいけれど、虫たちも活動を始めるので、家の中の害虫も活発化してくる。

 

こうなると虫との戦いだ。( 私の害虫との戦いの歴史は、こちらをご覧ください)

 

私は虫と戦う時も殺虫剤や化学物質配合のスプレーは使わず、天然のものを使用しています。

ダニやゴキブリ対策として殺虫剤や防虫剤を使うのが当たり前になっていますが、害虫を殺生するのに役立つアイテムが、人間に無害なはずがありません。

 

お気楽★主婦ちゃんお気楽★主婦ちゃん

殺虫剤の成分の危険性については、次で解説するよ

 

「殺虫剤」で思い出したことがあります。

 

何十年も前の話ですが、私が小学生の頃、長期休みのたびに父方のおじいちゃんの家に遊びに行っていました。

 

おじいちゃんの家では、夜寝る前に布団を敷いた部屋を締め切り、大量の殺虫剤を散布します。

 

それはもう視界が真っ白になるくらい、 大量のスプレーを噴射するのです。

その後、部屋を30分ぐらい閉め切っておけば、部屋の中にいる害虫がお陀仏するというわけです。

 

それを見ていた私は、子供心にも「なんなんだ。 それ💦😨」

 

「そんなに大量の殺虫剤をまいてもいいの?」

 

と、 ちょっと空恐ろしく感じていましたね💦

 

空気中に漂う殺虫剤の成分はすぐには消えないでしょうし、 寝ている間その空気の中にいるわけですから。(実際にその環境で寝ていた!)

 

住まいに潜む化学物質

一般的な防虫剤や殺虫剤の成分が室内の空気を汚染してしまうことは、意外に知られていない事実。

 

衣類の防虫剤としてよく使用される成分が「パラジクロロベンゼン」。

 

これは揮発性の化学物質なので、空気を汚染してしまいます。

 

また、噴射式や蒸散式の殺虫剤に広く用いられている「ピレスロイド剤」。

ピレスロイド剤は1980年代に農薬としても使われていたものですが、 環境ホルモン作用を示す化学物質も含まれているため、健康への影響が懸念されています。

 

ピレスロイド剤は無臭なので、かなり高濃度に空気が汚染されていても、人はそれに気づきません。

 

お気楽★主婦ちゃんお気楽★主婦ちゃん

ちょっと怖いんだよね💦

 

衣類を守る「防虫剤」もできるだけ自然のものをつかいたいですね。


天然成分の防虫剤

家の中の空気をきれいに保ち、家族の健康を守るためにも、できるだけ化学物質の防虫剤は使いたくないと思っています。

「生活アートクラブ」の富士村さんは、長い年月をかけて害虫の専門家と防虫試験を繰り返し、天然成分の防虫剤を研究開発しました。



生活アートクラブの防虫剤は殺虫剤ではありません。

 

植物の「フィトンチッド」という揮発性成分の働きで、虫を寄せ付けないというものです。

 

自然界の特性を活かしたものなので、体にとって安心な防虫・忌避剤なのです。

 

ウチには子供もペットもいるので、1年前から生活アートクラブの 「ムシさんバイバイ」を使っています。

家の中で虫を発見した時にはすぐにスプレー。

 

2、3回スプレーすると、虫が弱り始めます。

 

ヒノキのいい香りがするので、アロマ効果もあるんじゃないかと思って、気に入って使用しています。

 

子供が使っても安心なので、虫を見つけたら、うちの子もすかさずシュッシュしています。

 

天然成分なのに95%以上という忌避率🎵

 

一般的な殺虫剤を使用した後は深呼吸するのもはばかられますが、これなら思いっきり深呼吸できる☺

 

さらに詳しい「ムシさんバイバイ」のレビューは、こちらからご覧いただけます。

 

防虫シリーズ製品にはダニ用・黒アリ用・虫全般用もあります。>敏感肌、アレルギー、花粉症などでお悩みの方へ、
このサイト必見!、お求めのもの必ずや見つかるはずです。

人にもペットにも安心なので、たくさんの人に愛用されているみたいですよ♪

毎日健康に過ごすために、できるだけ家の中に化学物質を持ち込まないようにしたいですね。

 

参考文献:オーガニック生活便 vol 15

 

 

※個人の感想で効果を保証するものではありません。

 

家に入り込んだ黒アリとのたたかいは、こちら

 

 

 

ホームへ戻る