私の母はボランティアで何十年も前から、お見合い相手を紹介する「仲人」のようなことをやっています。

 

母が持っている案件で41歳の女性の方がいます。

 

今までにその女性に6人もの男性を紹介してきたのですが、その女性は全てお断りしたそうです。

 

母が言うには「そんなに変な男性は紹介していない」とのこと。

 

実際にどんな男性を紹介したのか、私も確かめたわけではないので何とも言えませんが、「もったいない!」と思いました。

 

どんどんお見合い相手をお断りしているうちに歳をとってしまうし、 「ある程度のところで妥協して結婚した方がいいのに!」と思ってしまうのです。

 

もし恋愛結婚ならば、年齢がある程度離れていたり、相手がハゲていたり、太っていたりしても、好きになってしまえば突き進めるんでしょうが、お見合いの場合は、妙に冷静に相手を見てしまう(相手を条件で見てしまう傾向がある)ので、見る目が厳しくなってしまうのが難点でしょうか。

 

でもなー、結婚15年目の私からすれば、 恋愛結婚だろうが、お見合い結婚だろうが、 結婚すると相手の素の姿がイヤでも見えるわけだし、お互いに歳もとっていくわけだし、 結局は同じ状況になるんですよ。(極論)

 

だったら、ある程度のところで妥協して手を打ってしまった方がいいのかなぁと。

 

特に女性の場合は、一才歳をとるごとに条件が不利になってしまうから、 早いうちに出会った男性の方が結局は「より良い条件の男性」に出会えると思います。(実体験)

 

41歳ともなると、子供がいない人生になるかもしれないし、 一昔前であれば41歳の女性に釣り合う男性は50代か60代だったそうです。

 

しかし、今や時代は変わってきたらしい。

 

お見合い市場において、女性が40歳を過ぎていても、相手の男性も同年代か、ちょっと上くらいの男性でも OK になってきたとのこと。

 

これは嬉しいことですよね。

 

男性の考えも柔軟になってきたってことなんだろうか?

 

 

ホームへ戻る