昨日ラジオ人生相談を聞いていたら、ショッキングな相談内容があったのでご紹介します。

 

53歳・女性からの電話で、42歳の夫が急に離婚したいと申し出てきて、なんとか夫の心を繋ぎ止められないかという相談。

 

それに対する弁護士の先生の回答。

 

旦那様にとって、あなたはもう「年を取ったおばさん」なのよ。

 

あなたも心の奥底ではそれが分かっているでしょ?

 

だから旦那様の心を取り戻すことなんて無理よ。

 

と、バッサリ。

 

ここまではっきりと真実を言ってくれるのは、逆に親切だと思う。

 

普通、人は大人になればなるほど、言いづらいことは言ってくれないものですからね。

 

相談者の女性は号泣していましたが、 回答者の先生にはっきりと言われて、最後には踏ん切れたようで、すっきりとした声になっていました。

 

やっぱり、基本的に男性は若い女性が好きなようです。(女性も若い男性の方が好きだと思いますが💦)

 

それは本能だから仕方がないのかもしれません。

 

5歳から6歳ぐらい女性が年上の場合なら許容範囲かもしれませんが、10歳以上年上となると、きつくなってくるのかもしれませんね。

 

私の勝手な推測ですが、相談者の女性は、11歳も年下の男性と結婚できたのだから素敵な方なのだと思います。

 

ただ、結婚は生活の場。

 

寝起きの顔も見られてしまうし、すっぴんも見られてしまうし、いくら素敵でキレイな女性でも結婚生活の中では、 「生活感たっぷりの老けた女の姿」もさらけ出さなくてはなりません。

 

結婚当初はお互いに燃え上がっているからいいけれど、 3年ぐらい過ぎて冷静になった時に、 ちょうど若い女性が現れたら、そっちの方に男性は心を惹かれてしまうのかもしれません。

 

うちの場合は夫が15歳年上で、50代後半を過ぎた辺りから夫の老け具合がすごく加速して、ちょっとイヤ~😱になってきました。(笑

 

誰だって年をとるのだから仕方ないのだけれど、年の差婚だと、自分と比べて相手の劣化が激しすぎると、見ていてツライかもしれません💦😨

 

ただ、 夫婦間に信頼感や絆がある場合は、 相手がどんどん老けていっても、それを可愛いとすら思えるのかもしれません。

 

すべてを受け入れられるのかもしれません。

 

しかし、結婚は一筋縄ではいかぬ~。

 

ホームへ戻る