私の母は何十年も前からボランティアで、お見合いの仲人のような活動をしています。

 

今までいろんなお見合いの裏話やエピソードを母から聞いてきました。(その一部はこちらからご覧ください)

 

母によると、約8割の女性が(自分のことも知らないで) 断ってくるパターンが多いそうです。(母談)

 

なるべく、その女性が気に入るような条件や年齢の男性を紹介しているつもりらしいですが、 大体の女性は自分が「選ぶ立場」だと思っているのか、 断ってくる人が多いのが事実。

 

しかし水面下では、お見合いをセッティングする前の段階で、その女性達も他の男性から断られているのです。

 

断られなかった男性の中から、会ってくれそうな人を選んでお見合いをセッティングしているというのに。

 

自分では「選んでいる」つもりが実は「選ばれている」。

 

例をあげますと、

 

私の母がお世話している、ある女性は45歳。

 

今まで結婚歴はなく、 母が何人もお相手を紹介しているようですが、いつも断ってばかり。

 

最近になって 「相手の男性は年下でもいいですよ」と母に言ってきたそうです。

 

母は「年下の男性は、 45歳の女性には会ってくれない…」と、 困っていました。

 

その女性は「 私はいつも男性を選ぶ立場」 だと思っているようです💦

 

そういう私も30歳ぐらいの時に、私の母が探してくれた男性とお見合いする寸前まで行きましたが、 会う前の段階で断られました💦😨

 

だから自分が「選ぶ立場」だと思ったら大間違いなんですね。

 

どんな人だって、選び、選ばれている。

 

そのことをちょっとでも頭の片隅に置いておいた方が良いようです。

 

また、一対一でのお見合いにこぎつけるまでには、水面下で仲人さんが連絡を取ったり、セッティングしたりと、見えない苦労がたくさんあって、やっとお見合いが実現するわけですから、 感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。

 

今後もこちらのブログでは「誰も教えてくれない お見合いの真実」を色々と書いていきますので、よろしければご覧ください♪

 

ホームへ戻る

 

娘が縁遠いのは、親に原因がある?くわしくは、こちら